TOP > 消防設備・施工・点検・防災 > 住宅用火災警報器

住宅用火災警報器

住宅火災から大切なご家族を守るために、火災警報器は大切な役割を果たしています

住宅用火災警報器の設置が義務づけられた背景には・・・

  • 住宅火災による死者数は増加中。死者の約6割が65歳以上の高齢者
  • 死亡原因の約7割が逃げ遅れ
  • 住宅火災の死者は約9割

このような社会的な背景があるため、消防法の改正となり、全国一律に住宅用火災警報器等の取付が義務付けられました。(2004年6月2日公布)

新築住宅は、2006年6月1日から施行。既存住宅は、市町村条例により適用時期が定められます。静岡県では2009年6月1日より設置義務化となります。

「自宅なんだから火災があったらすぐに逃げられる」と思われているかもしれませんが、就寝中、火災に気づいたときには、煙が充満してパニックになり逃げるに逃げられない状況も考えられます。住宅用火災警報器は天井付近に取り付けますので、煙が充満する前に気づくことができ、避難する余裕がうまれます。

設置場所は寝室・階段・(台所)

設置する場所は、台所には熱に反応するタイプ。熱式(定温式)といいます。設定温度以上の熱を感知すると反応します。(台所は自主設置とするところが大半です。) 寝室・階段には煙で反応するタイプを取り付けます。煙式(光電式)といいます。警報器が煙を感知すると反応します。煙草の煙ぐらいでは反応しませんのでご心配なく。
※設置する主な場所は、寝室や階段ですが市町村条例により異なります。熱式の感知器は自主設置とするところが大半です。詳しくはお住まいの消防本部予防課か消防署または市役所などにお問い合わせください。

取付はドライバー1本でできます

住宅用火災警報器は電池式のものがあり、約10年間電池交換不要なタイプも販売しております。このため、取付ベースを2カ所ネジ止めすることで、本体を取り付けることができるようになっています。最近では、音以外にも光(フラッシュ)で知らせるタイプや、無線式で他の部屋の住宅用火災警報器に火災を知らせるタイプのものも販売されております。

選ぶポイントは

日本消防検定協会 鑑定合格品のマークがついているものを選ぶようにしてください。

NSマーク

住宅用火災警報器 資料室

数ある住宅用火災警報器の中から、購入される皆様が選択するための情報を提供できるように、「住宅用火災警報器資料室」というページを作成しました。警報器の警報音や感度試験などを確認する事ができます。

煙式けむタンちゃん10音声式 1箱(10個入り)

煙式けむタンちゃん10音声式

品番: KRH-1

熱式ねつタンちゃん10音声式 1箱(10個入り)

熱式ねつタンちゃん10音声式

品番: CRH-1