TOP > 消防設備・施工・点検・防災 > 監視カメラ

監視カメラ

各種監視カメラの提案、設置工事を行います。

監視カメラの利用法は、防犯だけではなく、遠隔地にある機器の状態確認、建設現場の進捗状態などが見ることができるようになっています。 夜間も暗視カメラを利用すれば、照明なしで24時間の監視が可能となっています。

監視カメラの種類には、ネットワークカメラというものがあり、社内のイントラネットやインターネットを利用して、接続することもできるようになっています。

画像の表示方法も、パソコンやモニタなどを利用し、これまでのビデオテープに変わって、パソコンに保存したり、ハードディスクに保存するデジタルレコーダなどが利用されています。

システム例

監視カメラは、柔軟にシステム構成をおこなうことができるようになっています。このため、お客様のご要望にかなうようなシステム構成が可能となっています。 参考として基本的なシステム例を掲載します。この基本的システムを例に、お客様のご要望にあったシステムを発展させやすいと思います。

カメラとモニタのみの必要最小限のシステムです。

カメラとモニタ

カメラとモニタの間にデジタルレコーダを設置することで、画像の記録を行うことができるシステムです。

カメラ・レコーダ・モニタ

複数のカメラを1台のモニタで監視するシステムです。

カメラ・コントローラ・モニタ

カメラの映像をインターネットを通じて監視するシステムです。

遠隔地や多数の人に映像を見てもらうことができきます。(設置には監視カメラ以外にも、インターネットの接続契約など必要となる可能性があります。)

ネットワーク例

事例

  • 防犯用監視・・・ 犯罪の抑止効果があり、監視カメラを取り付けることで、企業としての防犯意識が高いことを認識されることができます。
  • 遠隔機器の状態監視・・・ 目で確認できれば一番確実で安心できると思います。監視カメラならば映像での状態監視がリアルタイムで可能となります。