TOP > インフォメーション

インフォメーション

日頃意識していなくても火災が発生したら重要な役割をはたす消防設備への理解と、日頃のメンテナンスの重要性をご理解いただきたいと思います。 過去の事例を参考にして火災をおこさないように教訓としていきたいと思います。

消防設備保守点検の必要性

消防設備の不具合により、避難や初期消火が遅れ、被害が拡大した過去の例は数多く存在します。

詳細へ

劣化した消防設備のいろいろ

設備の劣化状態を写真でご覧いただけます。このような劣化状態を見かけたら取替をおすすめします。

詳細へ

立入検査(査察)について

立入検査は、本来防火対象物の関係者が、自主的に履行すべき消防法令等の遵守状況について、法の執行として行政監督の立場からチェックし、当該法令等を履行させるために行われます。

詳細へ

消火器の訪問点検にご注意!

巧妙な手口を使い、不適切な点検や脅迫的な言動で高額請求をする、といった被害が多発しています。注意点など掲載していますのでご参考にしてください。

詳細へ

防火意識の高い安全安心な施設

防火管理についての意識が高く取り組む姿勢の素晴らしい経営者様と、その施設をご紹介させて頂きます。

詳細へ

住宅用火災警報器 資料室

全ての住宅に住宅用火災警報器を設置することが義務付けられました。 生命や財産を守るために一刻も早く設置しましょう。

詳細へ

ホテル・旅館火災の特徴と事例

ホテルや旅館は、不特定多数の人の利用が主となります。在館者の多くが、その建物の間取り、構造などに詳しくなく、出入りや移動が不自由となります。

詳細へ