TOP > インフォメーション > 消防設備保守点検の必要性

消防設備保守点検の必要性

消防設備の不具合により、避難や初期消火が遅れ、被害が拡大した過去の例は数多く存在します。 建物新築時に設置した設備も、時間とともに不作動となったり、正しく機能しなくなる可能性が高くなっていきます。 これらの設備を、定期的に、意識して行わないと、いつの間にか機能が損なわれていて、イザというときに使えなかった・・・ということになってしまいます。

機器の経年劣化の状況確認・進行予防

自動火災報知設備、非常警報設備、漏電火災警報機や消火ポンプの制御盤などの電気製品のコネクタースイッチ端子等の接点は物理的に接点が摩耗する他に、 温度変化、空気中の湿気や酸素、塩分及び亜硫酸ガス等の有害ガスによって少しずつ酸化腐食し接触抵抗や迷走電流の増加が起こり機器の性能を劣化させています。 特に、ホコリやタバコの煙、温度差・湿度差の有る場所、工作機械等の油分が飛散している作業場などで使用される機器の場合は、各設備の性能低下の速度を速める原因となります。
速度の差はあるにしろ、機器の経年劣化は妨げることのできない現象であります。 定期的に点検することによって、これらの設備の劣化を確認します。また、注油やホコリ・汚れの除去により、劣化の進行を遅らせます。

火災予防性能のキープ

自動火災報知設備の感知器の種別、スプリンクラー設備のヘッド位置、避難器具の設置台数・設置場所、防火シャッターやドアの場所などは、 過去の火事の教訓や、火や煙の物理的・化学的な性状、幾度となく行われた実証実験などにより建物及びその在館者を守るべく考え出された基準によって、設置されております。
各消防設備は、部屋や建物の用途や間取りにあわせて有効に作動するように設置されております。 部屋の模様替え、階段等のレイアウト変更、間仕切り追加、部屋や建物の用途変更など、建物に関する大小さまざまな仕様の変更により、 火災の際に有効に「報知」「消火」「避難誘導」が出来なくなる可能性があります。これらを技術者の目から見て考え、 必要に応じて、設備の増設、移設、変更などを行うよう判断します。現在は、法規に従ってこれらの判断をします。

法律では・・・

消防法第17条3の3に次のように義務づけられております。

防火対象物の 関係者は、当該防火対象物における消防用設備等について、 自治省令で定めるところにより、 定期に、当該防火対象物のうち 政令で定めるものにあっては消防設備士免状の交付を受けている者又は自治大臣が認める資格を有する者に点検させ、 その他のものにあっては自ら点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告しなければならない。