TOP > インフォメーション > 立入検査(査察)について

立入検査(査察)について

立入検査(査察とも呼ばれることがあります)は、 本来防火対象物の関係者が、自主的に履行すべき消防法令等の遵守状況について、 法の執行として行政監督の立場からチェックし、当該法令等を履行させるために行われます。

消防法では、

消防法第4条

消防長又は消防署長は、火災予防のために必要があるときは、関係者に対して資料の提出を命じ、 若しくは報告を求め、又は当該消防職員(消防本部を置かない市町村においては、 当該市町村の消防事務に従事する職員又は常勤の消防団員。第5条の3第2項を除き、以下同じ。)にあらゆる仕事場、 工場若しくは公衆の出入する場所その他の関係のある場所に立ち入つて、消防対象物の位置、構造、設備及び管理の状況を検査させ、 若しくは関係のある者に質問させることができる。 ただし、個人の住居は、関係者の承諾を得た場合又は火災発生のおそれが著しく大であるため、 特に緊急の必要がある場合でなければ、立ち入らせてはならない。

および

消防法第16条の5

市町村長等は、危険物の貯蔵又は取扱に伴う火災の防止のため必要があると認めるときは、 指定数量以上の危険物を貯蔵し、若しくは取り扱つていると認められるすべての場所(以下この項において「貯蔵所等」という。)の所有者、 管理者若しくは占有者に対して資料の提出を命じ、若しくは報告を求め、 又は当該消防事務に従事する職員に、貯蔵所等に立ち入り、これらの場所の位置、 構造若しくは設備及び危険物の貯蔵若しくは取扱いについて検査させ、関係のある者に質問させ、 若しくは試験のため必要な最少限度の数量に限り危険物若しくは危険物であることの疑いのある物を収去させることができる。

と明記されております。

立入検査の手順

立入検査手順

立入検査結果通知書の様式や呼び名は、各消防によって変わる可能性がございます。また、防火管理者の選任や、防災計画の作成などが含まれる可能性がございます。

立入検査のポイント

  • 通路上に避難障害となるものがおいてある場合、「避難障害」として指摘されます。
  • 熱感知器や煙感知器が部屋についていない、「未警戒区域」の指摘。
  • 避難誘導灯が目視できるか。誘導灯の蛍光灯が切れていては指摘されます。
  • 消火器の適切な配置。
  • 屋内消火栓の扉の開閉障害やホースノズルの確認。
  • スプリンクラーが設置している場合には、パーテーションなどにより障害とならないか確認。

サンコー防災の取り組み

不備・欠陥事項の改修および設置から点検結果報告書の作成および消防提出のサポート、防火管理者の選任方法や防災計画のサポートをおこなっております。

インターネットから点検結果報告書や履歴を閲覧できる「防火管理カルテ」の提供。非火災などの24時間対応。避難訓練の実施。また、当社で各種保険に加入しており、 保守点検作業や避難訓練時の偶発的な事故に対応できる体制をとっております。詳しくは「消防設備保守点検」を参照してみてください。

日頃、意識していない消防設備ですが、いざというとき重要な働きを求められます。 サンコー防災ではお客様の危機管理をサポートするべく、一つ一つの確実な積み重ねで安心・安全の社会をつくります。